過去の店長日記

作務衣 冬用をまとめて紹介

こんにちは、和粋庵です。

いよいよ寒くなってきました。朝、なかなか布団を出ることができない今日このごろです。

まさに冬本番という気候になっていますね。

そこで今日は改めて冬の作務衣をまとめてご紹介しようと思います。

冬の作務衣といってもかなり種類がありますので、それぞれの作務衣の特徴を見出しで表現して、簡単にコメントしていきます。

写真をクリックすると商品購入ページに行けますので、気になった商品がありましたらぜひクリックしてください。

それぞれ一色ずつ写真を載せていますが、どの作務衣も複数の色があり、サイズもS~3Lまで幅広く展開してます。ゆっくりご覧になってください。

1.最肉厚綿生地を使用! 『地厚刺子作務衣』

地厚刺子作務衣は弊社で扱っている作務衣の中でも最も分厚い生地を使用しております。
この厚さはおそらく綿の生地では日本一厚い作務衣ではないでしょうか。
手に取った方は、まるで柔道着のような作務衣ですね、とおっしゃるほど。
もちろん柔道着ほど固い生地を使用していませんので、冬の贅沢なくつろぎ着として着心地の良いものになっています。
まさに冬の作務衣といっていいと思います。

2.この冬一番売れている作務衣! 『小柄ドビー作務衣』

ドビー織というのは、ドビー織機(しょっき)で織った生地ということです。
ドビー織機は繰り返しの文様を出すのに優れた織機で、この小柄ドビー作務衣は、上記にご紹介した地厚刺子作務衣よりも少し小さめの刺子を織っており、冬用の作務衣として厚みのある生地になっています。
もともと衣服の補強と保温を図るために生まれた刺子の技術は、風合いも良く、使うたびに味が出てくる冬の作務衣にぴったりの伝統です。

3.類似品が出回るほど長年支持を受けている作務衣! 『大柄ドビー作務衣』

こちらもドビー織ですが、かなり特徴のある独特の文様を織っており、生地はシワができにくく丈夫で、厚さもあるので保温性に優れた作務衣になっております。
日本でひとつひとつ丁寧に作り上げた当社の代表する作務衣ですが、長年支持を受けてきただけあって、その特徴ある文様は他社の中国製作務衣に真似されるほど。
冬の作務衣として間違いのない高品質商品のひとつです。

4.秋~冬の今年の新作作務衣! 『デザイン作務衣』

作務衣は気軽に和装のおしゃれを楽しむくつろぎ着として、需要が高まってきております。
毎日の普段着として着用されている方から近年よくご要望いただいていたのが、無地の作務衣は何枚も持っているので、洒落たカジュアルなデザインの作務衣がほしいというお声でした。
そこで和の雰囲気をしっかりと残しつつ、デザイン性のある作務衣を作ろうと研究を重ねて、シンプルではありながらもカジュアルで粋な作務衣を作りました。
何色もの糸を織り込んだ風合いたっぷりの生地を半身に使った今シーズンの秋冬の新作作務衣です。

5.オーソドックスな昔ながらの素朴さが素晴らしい! 『地厚生地作務衣』

これぞ作務衣という無地で素朴な風合いのしっかりとした生地で作った作務衣です。
秋冬向けに厚めの平織(ひらおり)の生地で、日本の職人が丁寧に一枚一枚仕上げた作務衣は、初めての方にも安心の高品質な綿の作務衣です。
昔から遠州地方の綿は有名ですが、質素で素朴な風合いの丈夫な生地を織らせたらピカイチです。
厚めの生地になってますので、秋から冬にかけて着ていただくオーソドックスな作務衣です。

保有ポイント:__MEMBER_HOLDINGPOINT__ポイント
会員ランク:__MEMBER_RANK_NAME__
今回__MEMBER_RANK_NPRC__以上の
お買い物でランクアップ!
和粋庵について
和粋庵会員番付100ポイントプレゼント
作務衣・甚平30日間無料サービス
お買いものガイド
作務衣の選び方
簡単にオリジナルに!名入れ・お直し
メールマガジン登録
和粋庵ブログ
作務衣メディア掲載実績

商品カテゴリ

季節から作務衣を選ぶ

仕様から作務衣を選ぶ

素材から作務衣を選ぶ

価格から作務衣を選ぶ

和粋庵情報

<ランキング>

今日の和粋庵の順位は、果たして何位でしょうか?クリックお願いします!


作務衣・甚平通販

子供用浴衣通販

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日

【営業時間】

9:30から17:00

【定休日】土日・祝日

QR

ページトップへ