過去の店長日記

高級足袋を激安で

作務衣に合わせて、足袋や雪駄、下駄を購入してくださる方も

多くいらっしゃいます。

和粋庵では、作務衣に合うような洒落た足袋をいくつも販売しております。

ここ数日でまた、いくつか新商品を掲載致しますので、ぜひ

ご覧ください。

本日はこちらの足袋を新しく商品掲載致しました。

こはぜ付柄足袋  【濃茶】 3,465円

こはぜ付柄足袋  【濃茶】

色・柄付の足袋は作務衣に合わせてお選びいただくのが良いと思います。

足元までトータルでコーディネートしているとオシャレさが段違いです。

作務衣で外に出かけるような場合は、やはりスニーカーなどでは

恰好がつきません。

作務衣に合わせるなら、やはり雪駄または下駄でしょう。


男物雪駄 5,985円

雪駄、下駄を履くなら、まだまだ足袋が必要かと思います。

作務衣をお持ちならぜひ、トータルコーディネートをご検討ください。

<おまけ>

足袋とは・・・

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

足袋(たび)とは日本固有の伝統的な衣類で、足に履く一種の

下着である。木綿の布でできたものが一般的。日本の伝統的

な履物である草履・下駄・雪駄などを履く際に用いるため、親

指と人差し指の部分で袋が2つに分かれている(叉割れ)。

丈夫な生地で作られた本体にゴム底を貼り付け、直接屋外で

履く事ができるようにした地下足袋(じかたび)と呼ばれる足袋

もある。

現在、日本で生産されている足袋の約80%が埼玉県行田市で

製造されている。これは17世紀の初期頃から藩財政を助けるた

めの産業として足袋の生産が奨励されたことに起源をもつ。他

生産地は四国徳島県が有名。


作務衣の通販 和粋庵 トップへ

季節から作務衣を選ぶ

仕様から作務衣を選ぶ

素材から作務衣を選ぶ

価格から選ぶ

和粋庵SNS・情報

営業日カレンダー
  • 今日
  • 実店舗・発送共に休業日
  • 実店舗営業/発送休業日

【営業時間】
9:00から17:30

【定休日】
土日・祝日・夏季休業・年末年始休業あり

【和粋庵実店舗住所】
群馬県桐生市境野町6-429-1

※実店舗は月に一度、土曜日の営業日があります。
※実店舗は土曜日営業をしていても、インターネットでのご注文の発送・お問い合わせ業務はお休みの場合があります。ご注意ください。

ページトップへ