過去の店長日記

温泉旅館でのマナー

こんにちは、和粋庵です。

静岡県熱海市で5日夜、冬の海上花火大会が開かれ、3000発の花火があがったそうです。

3000発!熱海の夜空彩る大輪の花火

冬に花火を見ながら入る温泉も素敵ですね。


最近は浴衣ではなく、作務衣を用意する温泉旅館も多くなってきました。

温泉旅館でのマナー

その理由は、浴衣がはだけ易いということで苦手とされる人も多いからだといいます。

やはり、ジャージやスウェットで旅館を歩かれるよりは作務衣のような和の装いのほうが見栄えもいいでしょう。

自分以外のお客さんもみな観光に来ているわけですから、観光地や旅館の

雰囲気を壊したり、他のお客さんに不快に思われるような行動は避けなければいけません。

部屋から温泉に行くときなどにもマナーがあります。

温泉旅館で、下着をむき出しで持って歩くのは無作法です。

巾着などを用意している旅館もありますが、ない場合には、男性は

袖に入れ、女性はバスタオルに包むというのが礼儀です。

温泉や旅館では、自分が楽しむだけでなく、他の人にとっても気持ちのいい振る舞いをしましょう。

下着が一目に触れないようにするのも、そのマナーのひとつです。

持ち歩く荷物はなるべく少なくし、さりげなく上手に隠すのが良いでしょう。

温泉に入るときのマナー

また、湯船につかるときにタオルをお湯につける人もいますが、これもマナー違反です。

お湯につかっている間、タオルは桶にかけて、湯船の脇に置いておくのが良いです。

湯船のへりや床に置いておくとあふれるお湯につかってしまいますし、

洗い場においておくのも、そこを使う人への迷惑になります。

気を付けましょう。

作務衣

保有ポイント:__MEMBER_HOLDINGPOINT__ポイント
会員ランク:__MEMBER_RANK_NAME__
今回__MEMBER_RANK_NPRC__以上の
お買い物でランクアップ!
和粋庵について
和粋庵会員番付100ポイントプレゼント
作務衣・甚平30日間無料サービス
お買いものガイド
作務衣の選び方
簡単にオリジナルに!名入れ・お直し
メールマガジン登録
和粋庵ブログ
作務衣メディア掲載実績

季節から作務衣を選ぶ

仕様から作務衣を選ぶ

素材から作務衣を選ぶ

価格から作務衣を選ぶ

和粋庵情報

<ランキング>

今日の和粋庵の順位は、果たして何位でしょうか?クリックお願いします!


作務衣・甚平通販

子供用浴衣通販

営業日カレンダー
  • 今日
  • 実店舗・発送共に休業日
  • 実店舗営業/発送休業日

【営業時間】
9:00から17:30

【定休日】
土日・祝日・夏季休業・年末年始休業あり

【和粋庵実店舗住所】
群馬県桐生市境野町6-429-1

※実店舗は月に一度、土曜日の営業日があります。
※実店舗は土曜日営業をしていても、インターネットでのご注文の発送・お問い合わせ業務はお休みの場合があります。ご注意ください。

QR

ページトップへ