過去の店長日記

作務衣 甚平

作務衣 甚平

作務衣と甚平

こんにちは、和粋庵です。
梅雨がきて、もうすぐ夏本番。祭りの季節ですね。
今年はインフルエンザがちょっと心配でもありますが、 騒動もやや落ち着いてきましたので大丈夫でしょうか。
さて男性が夏に祭りに着ていく装いとして定着しつつある甚平。
装いが作務衣と似ており、量販店などでは甚平を作務衣と誤表記しているのも時たま見かけるのですが、実際、作務衣と甚平はどこがどう違うのでしょうか。
一応、定義がから見てみます。
やはりよくまとまっているので、以下Wikipediaから引用します。

作務衣

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%9C%E5%8B%99%E8%A1%A3
「作務衣」は本来、作務を行う時に着るもの全般をさし、特定の形が決まっているわけではなかった。僧侶が掃除や薪割り、畑仕事など寺院を維持するための労働を行う時に着用する。作業着であるため、正式の坐禅や法要の時には着用しない。 現在のような形の作務衣があらわれた時期ははっきりしないが古くとも明治以前にさかのぼるものではなく、一説には昭和40年代に永平寺で用いられたものが最初であるとされる。原形は着物の上に着た上っ張りともんぺで、実際に当初のものは着物の袖を納めるために現在よりも上衣の袖が太かった。「長作務衣」と呼ばれる上衣の裾が長いものもあり、曹洞宗の僧侶が外出時などに着用する。袖口と足首の部分は埃やゴミが入らないよう、ゴム紐などで絞ってあるものが多い。
素材は麻や綿のほかポリエステルも多い。僧堂において大衆と呼ばれる修行僧は黒色、住職など一定以上の資格をみとめられた僧侶は藍や茶など黒以外の色を着用する場合が多い。
(中略)
身体を締め付けず着用しやすいため、現在では僧侶固有のものとしてではなく甚平と共に単なる部屋着の一種として扱われることも多く、熱心な愛好者もいる。一般用には上衣の上に羽織るちゃんちゃんこが付属したり、素材も刺子やキルト地など、僧侶用とは大きく異なる製品もある。

甚平

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%9A%E5%B9%B3
甚平(じんべい)あるいは甚兵衛(じんべえ)は男性あるいは子供の着る和装のホームウエアのひとつ。
甚平は「甚兵衛羽織」の略で「甚兵衛という名の人が着ていたことから」という起源説もあるが、江戸末期に庶民が着た「袖無し羽織(そでなしばおり)」が、「武家の用いた陣羽織(陣中で鎧・具足の上に着た上着)に形が似ていたことから」という説のほうが強いとされる。古老によれば、筒袖となって普及したのは大正時代。大阪であったという。
丈が短く、袖に袂がなくて衿と身頃につけた付け紐は、右を表左は裏側で結び、ふつうの和服のように右前に着る。そろいの半ズボンをはくのが今では一般的であるが、昭和40年頃までは、甚平といえば膝を覆うぐらい長い上衣のみであった。
木綿あるいは麻製で、単衣仕立て。脇の両裾に馬乗り(うまのり/スリット)がある。短い半袖や七分袖の筒袖・平袖で、袖口が広め。衿は「棒衿」で衽(おくみ)はないのがふつう。付け紐で結ぶので帯を必要としない。袖も身頃も全体的にゆったりして、風通しが良い作りなので、夏のホームウエアとして涼しく着られる。

まとめ

つまり、簡単にまとめると、 「作務衣」は禅僧の衣服が起源で、作業のため動きやすく丈夫に作られているのに対して、「甚平」は庶民を中心に夏に涼しい装いとして変化しながら人々に広がってきたものということです。
現在では、「作務衣」も僧侶固有のものとしてではなく甚平と共に一般の人々の部屋着の一種として扱われることが多くなっており、大きな違いといえば、形でしょうか。
上着は似ていますが、特にパンツは作務衣は長ズボン、甚平は半ズボンが一般的となっていて、甚平は夏向き、作務衣はオールシーズン着られる装いとなっています。
甚平はまだ、「和粋庵」では扱っておりませんが、甚平や作務衣が部屋着として、より広まっていったらうれしく思います。
日本の文化を大事に、、 今後とも「和粋庵」をよろしくお願いいたします。

作務衣和粋庵

保有ポイント:__MEMBER_HOLDINGPOINT__ポイント
会員ランク:__MEMBER_RANK_NAME__
今回__MEMBER_RANK_NPRC__以上の
お買い物でランクアップ!

季節から作務衣を選ぶ

仕様から作務衣を選ぶ

素材から作務衣を選ぶ

価格から選ぶ

和粋庵SNS・情報

作務衣サイズの選び方

作務衣のサイズ選び

サイズの選び方について詳しくご説明します

作務衣カタログ申し込み

作務衣カタログ・生地見本

オリジナルカタログやご希望の生地見本を無料でお送りします

作務衣・甚平の衣装協力・衣装提供

メディア掲載実績

映画・ドラマへの衣装協力やTV・雑誌・新聞記事への掲載情報です

作務衣・甚平の着用写真募集中

お客様着用写真募集

あなたの作務衣・甚平の着用写真をぜひご応募ください

作務衣レビューを書いて

レビュー記入で御礼品あり

ご購入後にはお客様のお声の投稿にご協力お願い致します

Wasuian For Business法人向けサイト

法人様へご提案

旅館・ホテル・飲食店様を始め、法人としてお取引ご希望の方はこちら

和粋庵コンテンツ

和粋庵について

会員番付制度

返品交換無料サービス

お買い物ガイド

作務衣の種類の選び方

刺繍・加工・お直し

メルマガ登録

よみもの

カタログギフト作成

質問箱

和粋庵 店舗情報

和粋庵作務衣

【営業時間】
9:00から17:30

【定休日】
土日・祝日・夏季休業・年末年始休業あり

【和粋庵実店舗住所】
群馬県桐生市境野町6-429-1

※実店舗は月に一度、土曜日の営業日があります。
※実店舗は土曜日営業をしていても、インターネットでのご注文の発送・お問い合わせ業務はお休みの場合があります。ご注意ください。

営業日カレンダー
  • 今日
  • 実店舗・発送共に休業
  • 実店舗営業/発送休業

ページトップへ