過去の店長日記

兵児帯(へこおび)について

本麻作務衣

兵児帯(へこおび)について

兵児帯(へこおび)とは和服における男物の帯の一種。以下の二様があります。

(以下wikipedia)
1. 大幅(約74センチ)もしくは中幅(約50センチ)の縮緬地などをしごいて締めるもの。
明治以降に流行した。

2. 男物の角帯のうち、1にならってやわらかい生地で作ったものも、現在では 「兵児帯」と称されることがある。

本来「三尺帯」と呼ばれていたものが、1と混同したもの。
名前の由来は、薩摩兵児が普段に締めていたところからおこったもの。
明治維新とともに薩摩の風俗が東京に移入されるにしたがってひろく用いられる ようになった。
後年には、男物のみならず、子供が浴衣を着るときなどにも用いられるように なり、現在では女性が締めることもまま見られる。
生地がやわらかく、幅広であるために、締めた際に体に負担がかからないため、 普段着の帯として愛用されるが、結び目がだらしなく、ほどけやすいなど といった理由から、よそ行きの際には敬遠される。
(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)より)

当店では、男性用兵児帯から女性用兵児帯、プチへこ帯、又、両毛地区で絞り染め上げた子供兵児帯も取り扱っております。

作務衣和粋庵

季節から作務衣を選ぶ

仕様から作務衣を選ぶ

素材から作務衣を選ぶ

価格から選ぶ

和粋庵SNS・情報

営業日カレンダー
  • 今日
  • 実店舗・発送共に休業日
  • 実店舗営業/発送休業日

【営業時間】
9:00から17:30

【定休日】
土日・祝日・夏季休業・年末年始休業あり

【和粋庵実店舗住所】
群馬県桐生市境野町6-429-1

※実店舗は月に一度、土曜日の営業日があります。
※実店舗は土曜日営業をしていても、インターネットでのご注文の発送・お問い合わせ業務はお休みの場合があります。ご注意ください。

ページトップへ