過去の店長日記

七五三の祝い着・揚げ縫いの意味

七五三揚げ縫い

七五三の揚げ縫いの意味は?

こんにちは。
いつも和粋庵をご利用いただき、ありがとうございます。
今日は、タイトルのように、七五三の祝い着について書かせていただきます。
子供の成長を祝う儀式は、平安時代の頃より行われていますが、三才、五才、七才の子供を一緒に祝う、七五三の祝いが行われるようになったのは、江戸時代の頃の様です。
宮詣りの日は、古くは子供たちにとって高い年齢の仲間入りのできる日であり、五才になると初めて袴をつけることが許されたり、七才になると紐のついている子供のきものから、紐のつかない大人と同じきものを着せて貰ったり、これまで着ていた幼児のきるきものから、少年少女の着るきものに衣替えのできる大切な日でもあったのです。
子供が無事に成長した感謝の気持ちを神様に告げ、親類回りをして祝ってもらい、自分の家にも人を招いて一人でも多くの人に報告し、子供の健やかな成長を皆で祝っていました。
そのときに着る祝い着は、大きくなっても着られるという合理性もあったのでしょうが・・・
揚げ縫い意味
なによりも成人になることを望み、もっと成長してほしいと思う親心から、身に余る大きさに仕立て、余分は肩や腰の位置で縫い上げて着せたということです。
あげ縫いをする一針ひと針に心を込めて、肩あげや腰あげをほどいたり、縫ったりすることで、わが子の成長してゆく様子を喜ぶのが、この揚げ縫いのもともとの意味だそうです。
今でも子供のきものは、五~六年先でも着られるように、少し大きめの寸法にしておきます。成長につれてとくに変化の激しい身丈や、裄丈を長く仕立て、年齢に合わせて余分をあげで調節して着せるのが普通です。子供の体型に合わせて着丈や裄丈を決め、それに合わせてあげの位置を決めると、身長とバランスがとれ、子供の可愛さがいっそう引き立ちます。
当店でも、着丈や裄丈をお教え頂き、それに合わせて揚げを行うことができます。ご注文の際には、下記の項目をカートに入れていただくか、電話又はメールにて揚げの注文をしてください。一生に一度の子供の晴れ着、ぜひ当店で販売しております、ひさかたろまんみにの着物でお祝してあげてください。

作務衣和粋庵

保有ポイント:__MEMBER_HOLDINGPOINT__ポイント
会員ランク:__MEMBER_RANK_NAME__
今回__MEMBER_RANK_NPRC__以上の
お買い物でランクアップ!
和粋庵について
和粋庵会員番付100ポイントプレゼント
作務衣・甚平30日間無料サービス
お買いものガイド
作務衣の選び方
簡単にオリジナルに!名入れ・お直し
メールマガジン登録
和粋庵ブログ
作務衣メディア掲載実績

季節から作務衣を選ぶ

仕様から作務衣を選ぶ

素材から作務衣を選ぶ

価格から作務衣を選ぶ

和粋庵情報

<ランキング>

今日の和粋庵の順位は、果たして何位でしょうか?クリックお願いします!


作務衣・甚平通販

子供用浴衣通販

営業日カレンダー
  • 今日
  • 実店舗・発送共に休業日
  • 実店舗営業/発送休業日

【営業時間】
9:00から17:30

【定休日】
土日・祝日・夏季休業・年末年始休業あり

【和粋庵実店舗住所】
群馬県桐生市境野町6-429-1

※実店舗は月に一度、土曜日の営業日があります。
※実店舗は土曜日営業をしていても、インターネットでのご注文の発送・お問い合わせ業務はお休みの場合があります。ご注意ください。

QR

ページトップへ