過去の店長日記

長寿のお祝い



こんにちは、和粋庵です。
先日、お客様から「古希(こき)のお祝い用の作務衣で何かおすすめはありますか?」というお問い合わせがありました。

さて「古希」という言葉を初めて耳にする方もいるのではないでしょうか。 私もこれを機会に勉強し直してみました。
和粋庵の代表作務衣である「綾織作務衣」の美しい色とともに、皆様も是非覚えてみてください。
(以下の年齢は数え年で表記しておりますのでご注意ください)

還暦(60代)

綾織エンジ
61歳の代表的な長寿のお祝いです。生まれ年の十干十二支が一巡することから「暦(こよみ)」が「還(かえ)」ると書きます。赤子に還るということから赤いちゃんちゃんこを纏うことが有名ですね。よって、お祝い色としては赤が代表的です。


古希・喜寿(70代)

70歳と77歳のお祝いです。最近では人生80年ということで、古希・喜寿から長寿を祝う方も増えているとか。お祝い色は高貴を意味する紫が代表ですが、紺も代表的なお色です。落ち着いた印象を与える色ですね。 綾織紫綾織紺



傘寿・米寿(80代)

綾織金茶
80歳と88歳のお祝いにあたります。「傘」が略字で「八十」と読めることや傘が開くことから末広がりを表しているなど諸説ございます。「米」を分解すると「八十八」と読めることは有名でしょうか。基調色は金茶です。



卒寿・白寿(90代)

綾織白
90歳と99歳のお祝いです。「卒」という字の俗語は「粋」という字のつくりの部分「卆」を分解すると「九十」と読めることから、「白」は「百」から「一」を取ると「白」になることからこの名称がつきました。なるほどと手を打ってしまうような理由ですね。お祝い色はもちろん白です。










今回は百歳までのお祝いをとりあげてみました。この先もまだまだございますので、気になった方は調べてみてください。
長寿のお祝い、とても素敵だと思います。予算や季節柄という観点もありますが、もし迷った際には古希ならば「紫」にちなんだもの、傘寿ならば「金」にちなんだものという考え方もございます。
いずれにせよ、贈る相手のことを想ったギフトをチョイスしてみてくださいね。
もしも和粋庵の作務衣をギフトにと悩まれている方は、お電話でもメールでもお気軽にお問い合わせください。


作務衣・甚平通販「和粋庵」

季節から作務衣を選ぶ

仕様から作務衣を選ぶ

素材から作務衣を選ぶ

価格から選ぶ

和粋庵SNS・情報

営業日カレンダー
  • 今日
  • 実店舗・発送共に休業日
  • 実店舗営業/発送休業日

【営業時間】
9:00から17:30

【定休日】
土日・祝日・夏季休業・年末年始休業あり

【和粋庵実店舗住所】
群馬県桐生市境野町6-429-1

※実店舗は月に一度、土曜日の営業日があります。
※実店舗は土曜日営業をしていても、インターネットでのご注文の発送・お問い合わせ業務はお休みの場合があります。ご注意ください。

ページトップへ