コンテンツ

2016敬老の日キャンペーン プレゼントにおすすめの作務衣

日本製作務衣
日本製作務衣

2016敬老の日おすすめ甚平を選ぶ2016敬老の日おすすめ作務衣を選ぶ


和粋庵の商品について



敬老の日甚平作務衣こだわり


敬老の日ギフトはラッピング無料



敬老の日甚平作務衣こだわり


敬老の日ギフトにおすすめの商品



父の日キャンペーン2016甚平
作務衣
甚平
巾着
雪駄
1万円以下
2万円以下
2万円以上


敬老の日とは

敬老の日に作務衣や甚平、巾着などのプレゼント、ぜひご検討ください。。気持ちが何より大事ですが、作務衣は非常に実用的で長く使ってもらえる絶好のプレゼントです。商品注文ページで、「敬老の日ラッピング」の選択をして、ぜひこの機会に特典をご利用ください。
【豆知識】
敬老の日とは・・・
敬老の日(けいろうのひ)は、日本の国民の祝日の1日です。
国民の祝日に関する法律(祝日法)では、「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことを趣旨としています。
2002年までは毎年9月15日を敬老の日としていましたが、2001年の祝日法改正いわゆるハッピーマンデー制度の適用によって、2003年からは9月第3月曜日となりました。今年は9月21日です。
593年の9月15日に聖徳太子が大阪の四天王寺に「非田院〔ひでんいん〕」を設立したと言われています。「非田」とは「慈悲の心をもって貧苦病苦の人を救えば、福を生み田となる」という意味があります。非田院は、身寄りのない老人を収容する、今でいう老人ホームのような施設でした。
敬老の日はこの「非田院」の設立にちなむと考えられています。
また「敬老の日」という名称に落ち着くまでには長い期間を要しました。
1951年に中央福祉協議会が「としよりの日」と定めましたが、この名称に各地で議論がおこりました。
それを受け、1963年に老人福祉法の制定に伴って「老人の日」に改正されましたが、この名称もまた、語呂が悪いなどの理由から、1965年に現在の「敬老の日」となりました。また敬老の日を第3月曜日に移すにあたって、高齢者団体から反発が相次いだため、2001年に老人福祉法第5条を改正して9月15日を老人の日、同日より1週間を老人週間としています。
長寿のお祝いは数え年で61歳(満60歳)になる「還暦」からお祝いするのが習わしとなっています。
還暦には自分の生まれた年の干支が一巡し「赤ちゃんに戻る」という意味で、赤いチャンチャンコとずきんを送るという風習があります。敬老の日のお祝いもこれに関連して考えればよいのかと思います。

季節から作務衣を選ぶ

仕様から作務衣を選ぶ

素材から作務衣を選ぶ

価格から選ぶ

和粋庵SNS・情報

営業日カレンダー
  • 今日
  • 実店舗・発送共に休業日
  • 実店舗営業/発送休業日

【営業時間】
9:00から17:30

【定休日】
土日・祝日・夏季休業・年末年始休業あり

【和粋庵実店舗住所】
群馬県桐生市境野町6-429-1

※実店舗は月に一度、土曜日の営業日があります。
※実店舗は土曜日営業をしていても、インターネットでのご注文の発送・お問い合わせ業務はお休みの場合があります。ご注意ください。

ページトップへ