過去の店長日記

桐生のノコギリ屋根 NHK取材

「桐生」にある、ノコギリ屋根

「桐生」にある、ノコギリ屋根

こんにちは。
今日のお昼にNHKの「ふるさと一番!」という番組で弊社所在地の「桐生」にある、ノコギリ屋根が紹介されていました。
織物の街「桐生」のノコギリ屋根のルーツから、現在の新しい取り組みまで、色々な角度から説明していました。
11月16日(月) 街の自慢はノコギリ屋根 群馬県 桐生市

2006年にも紹介されてました。

織物の街「桐生」
すでに使われなくなったノコギリ屋根が多いのですが、その跡を利用して美容室やら芸術の展示場などに形を変えて、その変った屋根が今も数多く桐生にはあります。
こちらは、ノコギリ屋根を紹介した「桐生市役所」のページ↓
http://www.city.kiryu.gunma.jp/
以下、転載。
 鋸屋根工場は、産業革命の時代(19世紀) にイギリスの紡績工場に初めてあらわれたと考えられています。
それまでの手工業から機械工業に移行して行く中で工場の規模の拡大、経営形態の変化によって大工場が必要となり、鋸屋根工場が建てられるようになったものと思われます。
桐生でも、明治22年に現在の桐生厚生病院、市役所が建つ周辺に日本織物株式会社桐生工場が建設されました。
レンガ造りの大規模な鋸屋根工場で現存していれば日本でも屈指の古さをもつ大規模な鋸屋根工場でありました。
以降、桐生でも日本絹撚株式会社、両毛製織株式会社など大規模な工場に鋸屋根が採用され、周辺の織物工場にも徐々に採用されるようになりました。

 桐生市には現在約260棟(平成14年現在)の鋸屋根が残っています。
これらは織物を主産業とした桐生を象徴するものです。
構造については、レンガ造が1件、石造が9件、RC造が1件で残りは木造となっています。
また、大規模な工場は少なく2連、3連の小規模な工場が残っています。
桐生において鋸屋根がもっとも多く建てられていた時期は昭和初期から昭和30年代までです。
昭和40年代に入ると極端に減少していきます。
これは、建築技術及び電気設備の進歩・普及により広い面積を必要としても鋸屋根の形態をとることがなかったため、屋根の谷間(刃部)に雨漏りが生じ易いため、織物産業の衰退、、転職等種々の要因が考えられます。
桐生市に多数残る鋸屋根ですが、繊維産業の衰退による工場閉鎖や建物の老朽化により年々減少しています。
そこで空き工場を店舗、アトリエ、資料館、美容室、幼稚園等様々な二次利用で活用し保存を図っています。
桐生にお越しの際には、ぜひご覧下さい。


作務衣和粋庵

保有ポイント:__MEMBER_HOLDINGPOINT__ポイント
会員ランク:__MEMBER_RANK_NAME__
今回__MEMBER_RANK_NPRC__以上の
お買い物でランクアップ!
和粋庵について
和粋庵会員番付100ポイントプレゼント
作務衣・甚平30日間無料サービス
お買いものガイド
作務衣の選び方
簡単にオリジナルに!名入れ・お直し
メールマガジン登録
和粋庵ブログ
作務衣メディア掲載実績

商品カテゴリ

季節から作務衣を選ぶ

仕様から作務衣を選ぶ

素材から作務衣を選ぶ

価格から作務衣を選ぶ

和粋庵情報

<ランキング>

今日の和粋庵の順位は、果たして何位でしょうか?クリックお願いします!


作務衣・甚平通販

子供用浴衣通販

営業日カレンダー
  • 今日
  • 実店舗・発送共に休業日
  • 実店舗営業/発送休業日

【営業時間】
9:00から17:30

【定休日】
土日・祝日・夏季休業・年末年始休業あり

【和粋庵実店舗住所】
群馬県桐生市境野町6-429-1

※実店舗は月に一度、土曜日の営業日があります。
※実店舗は土曜日営業をしていても、インターネットでのご注文の発送・お問い合わせ業務はお休みの場合があります。ご注意ください。

QR

ページトップへ