七十二候

冬至におすすめの作務衣

冬至のおすすめ作務衣 七十二候 | 日本製作務衣、日本一のこだわり


冬至 12月21日~1月4日頃

冬至(とは)一年で最も昼が短く、夜が長いころです。この時期におすすめなのは地厚刺子作務衣!冬至(とは)一年で最も昼が短く、夜が長いころです。寒さを乗り切るために、栄養たっぷりのかぼちゃを食べ、柚子湯に浸かり無病息災を願う文化が日本にはあります。この時期にオススメなのは、これから更に寒さを増す気候に備えて、肉厚の作務衣等の商品です。


名称意味
初候 乃東生(なつかくれくさしょうず) 夏枯草が芽を出す
次候 麋角解(おおしかのつのおつる) 大鹿が角を落とす
末候 雪下出麦(ゆきわたりてむぎいづる) 雪の下で麦が芽を出す


乃東生(なつかくれくさしょうず)

太刺子作務衣

本格的な冬到来となった十二月の初めの日曜日のこと。
寒いからと家からでないのはもったいないと思い立ち、
思いつきのまま少し遠くまで車を走らせる。
風にめげないように太刺子作務衣を着て、準備は万端。
知らない道も、景色も、空気も新鮮で気持ちがいい。
一息つこうと立ち寄った店が心地よく少しうとうとしそう。


太刺子作務衣


麋角解(おおしかのつのおつる)

女性パンツルック作務衣

年末に向けて慌ただしくなってきた十二月の中頃のこと。
大掃除にも気合いが入る!ちょっと一息、お茶淹れよっと。
最近のお気に入りのお茶と急須でじっくり、じっくり楽しむ。
作業をするには、動きやすさが重要…でも女性らしさも…
襟元の赤でやる気もぐんと上がる女性パンツルック作務衣で、
気持ちの良い新年を迎えるためにぴかぴかにしなくちゃ。


女性パンツルック作務衣


雪下出麦(ゆきわたりてむぎいづる)

T/Cバーバリー織作務衣

ぴゅーと風の音に思わず、身震いする年末のある日。
師走にあえて今日だけとことんゆっくりすると決めていた。
読みかけの本、つけっぱなしのラジオ、暖かな部屋。
これこそ、冬の醍醐味…贅沢すぎる時間にもどかしさを
感じるけれど…今日はいいのだ。うとうとしそうなので、
T/Cバーバリー織綿入作務衣ならごろ寝も平気で嬉しくなる。


T/Cバーバリー織綿入作務衣


お気軽にご注文やご相談をどうぞ

お客様がお気軽にご注文・お問合せいただけるようにフリーダイヤルをご用意しております。お電話でもメールでもお客様お一人お一人に真摯に、誠実に、丁寧に対応させて頂きます。ちょっとしたことでも、専門的なことでも可能な限り対応させて頂きますので、ぜひ一度ご連絡ください。

ご注文・お問合せ・相談窓口


電話番号(フリーダイヤル) <受付:平日9:00~17:30>

0120-517-368


メールアドレス <受付:24時間365日>

info@wasuian.com


FAX番号 <受付:24時間365日>

0277-44-9087


季節から作務衣を選ぶ

仕様から作務衣を選ぶ

素材から作務衣を選ぶ

価格から選ぶ

和粋庵SNS・情報

営業日カレンダー
  • 今日
  • 実店舗・発送共に休業日
  • 実店舗営業/発送休業日

【営業時間】
9:00から17:30

【定休日】
土日・祝日・夏季休業・年末年始休業あり

【和粋庵実店舗住所】
群馬県桐生市境野町6-429-1

※実店舗は月に一度、土曜日の営業日があります。
※実店舗は土曜日営業をしていても、インターネットでのご注文の発送・お問い合わせ業務はお休みの場合があります。ご注意ください。

ページトップへ