ご挨拶

はじめまして。和粋庵のコイケと申します。
ナガシマさんとバトンタッチをする形で、これから和粋庵の「よみもの」を担当します。
 
尊敬すべき大先輩の後任(実は、ナガシマさんは私の教育係だったのです…!)を
務めることになり、震えが止まりません。
む、武者震いということで、ここはひとつ……。
 
緊張でカクカクの心を落ち着けるためにも、
まずは、簡単な自己紹介をさせていただきます。
 
「私」ことコイケは、和粋庵に勤め、主に商品の出荷や、
お客様対応の業務などを行っております。
お客様からご依頼があれば、刺繍加工も行うことも。
(サムネイルの画像の機械を動かして刺繍します。これがなかなか楽しい!)
色々なお仕事をやらせてもらっています。
 
好きなことは食べること。目前に迫ったお正月は、毎年体重計とにらめっこしています。
文章や絵、物語をかくことも好きです。それが高じて、こうして「よみもの」を
書かせていただくことになったわけなのですが……。
ナガシマさんや他の先輩方に比べると、まだまだ新米です。
 
勿論、お客様によりご満足いただける対応ができるよう、努力は欠かしません。
それでも、まだまだ。己の不甲斐なさに落ち込むことだってあります。
ですがその分、毎日新しい発見があります。
「日々勉強」とはよく言ったもので、
「『よみもの』の引き継ぎ、やってみない?」と言ってくださったナガシマさん、
そして弊社の専務も、よく口にしている言葉です。
和粋庵に入ってから、学びに年齢は関係ないなと、しみじみと感じることが増えました。
 
次回からの「よみもの」では、ナガシマさんが大切にされていたことはそのままに、
お客様からいただく貴重なご意見や、ご質問などを掘り下げて、
和粋庵の日常とともにお届けできればと思います。
コイケは宵越しの銭ならぬ、宵越しの記憶をあまり持ち合わせない群馬っ子ですので、
出来るだけこまめに更新をしていきたいと思います…。
 
日記のような、覚え書きのような、記録。
折角和粋庵のサイトを訪れてくださった方にご覧になっていただくものですから、
出来るだけ、皆様に少しでも楽しんでいただけるよう、工夫を重ねていきたいと思います。
 
それでは、本日はこれにて。
どうぞ、よしなに。
 
【つぶやき一コマ】
先日浅草から帰る際、車窓から見えた夕焼けがあんまり綺麗で、思わずパシャリ。
冬は寒い分、空気が澄んで、空が綺麗に見える気がします。
暖かなお部屋で、ぬくぬく丸くなるのも良いですが、
白い息をふうふうしながら散歩するのも捨てがたい。
四季のある国に生まれた幸せを噛み締めるこの頃です。


併せて読みたいコンテンツ