和粋庵の初夏の話。

 
はい、和粋庵のナガシマです。
サムネのヒマワリは先日、頂いたものです。
花瓶に入るほどのヒマワリを初めてみたのですが、
小さくてかわいいのに、しっかり夏を感じる一枚です。
 
長い長い5月の連休が幻想のように終わってしまいましたね。
10日はさすがに長いなぁ、なんて思っていた連休前の自分に教えてあげたい。
このお休みは、よく食べ、よく笑い、よく遊びました。
住んでいるところが近からず、遠からずなのに、なかなか会えなかった、
学生時代の友人とも会うことができ、近況報告に驚きながら空気は当時のままな不思議。
 

フォルダをみたら、よく食べた写真しかない。野菜が元気なサラダと見つけてテンションが上がった
ブラッドオレンジジュースにクリームブリュレ。

 
そんな連休の余韻はなんのその。
和粋庵では、繁忙期を前に心がそわっそわしております。
5月の下旬から父の日のキャンペーンを開始しております。
(そのお話は後半に)
6月に入るといよいよ本番!という雰囲気に社内がなっております。
なんといっても父の日準備は一年かけて行っているのです!
 
そこで前回が和粋庵の春(4月)の話だったので、
今回は、和粋庵の初夏(5月)のお話を言葉にしていきます。
 
4月の終わりに、今年もまたひとつ年齢を重ねました。
節目でもある年齢になったこともあり、周りのひとからは、
【身体が変わるよ!】なんてこわい言葉をもらい、少し身構えていました。
ここぞとばかりに水分をたくさん摂るようになった(意識的に)以外は、
今のところ、身体の変化を感じることはないのですが、
意外にも【気持ちの変化】の部分の方が大きいなと感じています。
それがこちらです。
 
〇シンプルでいられたらいいなと思った〇
悩んだり迷ったりすると、様々な情報に翻弄され、弱ってしまいがちなわたし。
常々、複雑にせずにシンプルに考えられたらいいなと思っていました。
そこで行きついたのが『二択』。もうこれ以上ないシンプルさです。
必要か、不必要か。欲しいのか、欲しくないのか。今なのか、今ではないのか。
余計なものを削ぎ落していくと隠れていた、本質的な部分が見えてくるようになりました。
少しずつですが、そんな感じで最近は、自問自答しております。
 
〇言葉にすることの重要性について考えた〇
先のシンプルでいられたらに続きそうな話ですが、
言葉も同様です。素直になることは年齢を重ねる度に難しくなります。
わたしが一番重要視しているのが、ありがとうとごめんなさい問題です。
この言葉は両極端ですが、実は近い言葉なのではないかと思っています。
どららも関係を円滑にする言葉です。
言葉にしたら簡単なのに、どうも照れが勝ってしまいがちです。
だからこそ、えいと勇気をだして言葉にしてみる重要性。
言葉にしなくても伝わるは極めて、難しいこと。
でも言葉にしたら、伝わる確率は確実に高まります、格段に。
だとしたら、言葉にしない手はないので、密かに実践中。
(自信をもって言えるときがきたら、また記すことにします)
 
先の言葉にするということ。
距離感とても重要。そして何よりタイミングが大事。
せっかく言葉にしたのに、さらりと流されてしまったら、
なんだか悲しくなりますね。
 
そういうときには、イベントにのっかることもとても効果的。
5月の母の日が終わり、(母へささやかですが贈り物を)
6月にはいよいよ、父の日があります。
和粋庵では、現在父の日キャンペーンを実施しております。
※当店のWEB上で企画の詳細が丁寧に記されておりますので、
気になった方はぜひ、そちらをご覧ください。
(おすすめキャンペーンだけれど、よみものなので控えめに)
 
ほんのすこしだけお話しますと、当店のキャンペーンは父の日でなくても、
安心してお贈り頂けます。父の日専用のラッピングではなく、
いろいろなシーンでお使い頂けるようなラッピングになっています。
お世話になっている方へ、お誕生日、暑中見舞いなどなど。
いつもとひと味違う贈り物で、気持ちを言葉にしたなら、
きっと見える景色も違うとわたしは思うのです。(こっそり)
 
【今日のひとコマ】
写真のクリームブリュレが昔から好きです。
某有名フランス映画の影響なのですが、
あのパリパリと砕く音がやっぱり好きで、うきうきします。
最近、あまり見かけなくなってしまいましたが、
出会ったときには、迷わず注文します。
あぁ、いいな。クリームブリュレ。
 
どうぞ、よしなに。


併せて読みたいコンテンツ