作務衣を着る話。

 
はい、和粋庵のナガシマです。
 
会社に飾ってある、花のつぼみが満開です。
class="alignnone
満開になるにつれて甘い香りが漂う感じ、いいな。
 
いきなりですが、和粋庵は作務衣メーカーです。
なので、作務衣が制服です。
制服は社内で全員同じものを着ているイメージですよね。
ですが、和粋庵は色柄様々なので賑やか。作務衣の色で誰だか分かったりします。

そこで今回は、ナガシマの作務衣遍歴を記していこうと思います。
 
わたしは、入社して初めて 作務衣 に袖を通しました。
今は、日常になっています。
 
そんなわたしのはじめての作務衣。
絣紬作務衣(ピンク)

好きなものを選んでの言葉に、ピンクといっても淡く綺麗な桜色に心惹かれました。
初めての展示会、初めての作務衣。初めて尽くし、緊張しっぱなしでした。
 
2着目は、“作務衣を着ること”にわたしも作務衣も慣れてきたころ。
絣紬作務衣(濃紺)

通年で着ることが出来る作務衣なので、ガシガシ着て、着心地・風合いばっちり。
大事に着ていたのですが、少々くたっとなってきたので新しいものを。
(今も現役、かわりばんこ着てます)
 
3着目は、どんどん着心地の良さを感じるように。
絣紬作務衣(明紺)

ポケットにたっぷり物を詰め込む癖により、穴が。それ以外は着心地抜群だったので、
チクチク縫い直して着ていました。(一番好きな着心地になった作務衣)
 
※ここまでの3着目は、全て“絣紬作務衣”の色違い。
年間通して着られるところ、柔らかさで違うのにしようと思っても、ついつい手に取ってしまいます。

 
現在、4着目5着目。気分を変えて初の女性用。
女性用パンツルック作務衣(ブルー)

鮮やかなブルーに襟元の赤いラインがパキっとしていて、兼用のものとは雰囲気が変わります。
丈感・サイズ感もしっくりきて、具合のいい感じです。
(最近、ぐっと風合いがよくなっているのを感じています)
 
女性用作務衣は機能的。
絣風女性無地作務衣(紺)

こちらは袖裾ゴム仕様になっています。幼少期からスモックのような袖ゴムが好きなので、
わたしの中でポイントが高いです。(物を書いたり、キーボードを打ったりの作業にも◎)
 
色や種類がたくさんあるからこそ、それぞれが色んな作務衣を着てみようとなっています。
手入れをして変わっていく風合いや着心地、丈夫さや力のかかる場所など、
自分が着てみて気付くことがあって、伝えられることがあると思うのです。
 
例えば・・・
お電話のときに“作務衣が制服、羨ましいな”なんて会話や、
ご来店のときは“もう何十回も洗っています。どんどん柔らかい風合いになります”と、
わたしの作務衣を触ってもらい、おすすめすることも。
 
“制服”というだけではなく、大事なコミュニケーションツールです。
 
すっかり熱が入り長くなってしまいました。
今回はナガシマの作務衣遍歴を記したところで、
次回は“わたしの思う作務衣の魅力”について記していこうと思います。
(わたしの独断と偏見なので、WEBには載ってません。笑)
あ、それ分かる~って思ってもらえたなら、うれしくて小躍りします。
 
【今日のひとコマ】
巷では、旬なので色んなところでいちごフェアをしていますね。
なので、聞かれたわけではないけれど、
今、食べたいものはなんですか?と聞かれたなら、
“いちご大福”と答えようと考えています。
 
どうぞ、よしなに。
 


併せて読みたいコンテンツ