過去の店長日記

塩麹ブーム、伝統食品への回帰と健康食品。職人は作務衣を好む

塩麹+キュウリ塩麹+キュウリ / yto

こんにちは、和粋庵です。

今日はブームの塩麹(しおこうじ)についての記事をピックアップ。

【ニュース】広がる塩麹ブーム、伝統食品回帰への端緒となるのか

健康食品の中でも塩麹(しおこうじ)というものが百貨店やスーパーで売れ行き好調で、レシピ本などの関連書籍も多数出版されているようです。先日、実際に塩麹の料理を食べてみましたが、たしかに食感がやわらかくなり、旨みが増したように感じました。塩麹とは、麹に塩と水を加えて1週間ほど常温ではこうさせたもので、江戸時代の文献にも記述があるという伝統食品なのだそうです。急に最近耳にするようになったので、どこかの食品メーカーが作り出したものかと思っていたら、ずいぶん昔からあったものなんですね。食べるラー油以上に、万能調味料として方々で紹介されていますので、このブームはしばらく続くかもしれません。温故知新といいますか、伝統的なものが見直されるというのは良いなぁと思う限りです。

調べてみたところ、麹(こうじ)だけを作ってきた脈々と続く専門店もあるようです。お店は機械で作らず、手で作る職人技でなんと現在八代目と歴史のある麹屋さんだそうです。8代目が職人らしく作務衣を着用している写真も掲載されています。

↓↓↓こちらの生地に詳しく紹介されています↓↓↓

町屋の麹店 8代目が守る

こちらのお店では、道具も昔ながらのものを使い続けているそうです。なぜなら、道具職人の手仕事も守りたいからとのこと。日本人の手でつながっていく伝統ある文化。当社も現代の流れをとりいれつつも、しっかりと職人の技をつないでいこうと思います。それにしても職人は作務衣が似合いますね。

作務衣・甚平通販「和粋庵」

保有ポイント:__MEMBER_HOLDINGPOINT__ポイント
会員ランク:__MEMBER_RANK_NAME__
今回__MEMBER_RANK_NPRC__以上の
お買い物でランクアップ!
和粋庵について
和粋庵会員番付100ポイントプレゼント
作務衣・甚平30日間無料サービス
お買いものガイド
作務衣の選び方
簡単にオリジナルに!名入れ・お直し
メールマガジン登録
和粋庵ブログ
作務衣メディア掲載実績

季節から作務衣を選ぶ

仕様から作務衣を選ぶ

素材から作務衣を選ぶ

価格から作務衣を選ぶ

和粋庵情報

<ランキング>

今日の和粋庵の順位は、果たして何位でしょうか?クリックお願いします!


作務衣・甚平通販

子供用浴衣通販

営業日カレンダー
  • 今日
  • 実店舗・発送共に休業日
  • 実店舗営業/発送休業日

【営業時間】
9:00から17:30

【定休日】
土日・祝日・夏季休業・年末年始休業あり

【和粋庵実店舗住所】
群馬県桐生市境野町6-429-1

※実店舗は月に一度、土曜日の営業日があります。
※実店舗は土曜日営業をしていても、インターネットでのご注文の発送・お問い合わせ業務はお休みの場合があります。ご注意ください。

QR

ページトップへ