過去の店長日記

作務衣で「寺子屋」体験!?お寺で学ぶ心の準備

天竜寺 Tenryuji temple 紅葉天竜寺 Tenryuji temple 紅葉 / Ari Helminen

こんにちは、和粋庵です。

もともと作務衣はお寺さんの作業着として生まれてきたものなのですが、当店の作務衣はどちらかというと現代のくつろぎ着としての要素の強い仕様になっております。当店のオーソドックスな作務衣はどれも七分丈から八分丈で、袖にゴムは入りません。もちろん多くのお寺さんでも当店の作務衣をお使いいただいておりますが、作業着としての機能が高いよう、袖は手首までありゴムの仕様になっている作務衣もお寺さんではよくみます。当店でも仕様の変更など別料金になりますが承りますので、ご希望の方はお問い合わせください。

さてそのように、お寺と作務衣は切っても切れない関係に昔からあるわけですが、船橋のお寺さんで、作務衣を着て「寺子屋」を開いているというニュースがありました。

作務衣を着て、心の準備について学ぶというのは今の時代忘れがちなものを伝えてくれる良い教育かもしれませんね。寝袋で寝起きするのは、今回の震災を受けて考えられたとのこと。そういえば、震災後、被災者の方に作務衣を贈る方が多くいらっしゃいました。作務衣だと、寝ているときに地震が起きてもそのまま外に避難できるので・・・という理由を聞いたりもしました。パジャマ一枚で外に避難しなければいけないような状況が長く続いていたからなのだと思います。色々な用途に使われる作務衣ではありますが、メーカーとしてお客様の要望やニーズに丁寧に応えられる対応を今後もしていきたいと思います。

作務衣・甚平通販「和粋庵」

季節から作務衣を選ぶ

仕様から作務衣を選ぶ

素材から作務衣を選ぶ

価格から選ぶ

和粋庵SNS・情報

営業日カレンダー
  • 今日
  • 実店舗・発送共に休業日
  • 実店舗営業/発送休業日

【営業時間】
9:00から17:30

【定休日】
土日・祝日・夏季休業・年末年始休業あり

【和粋庵実店舗住所】
群馬県桐生市境野町6-429-1

※実店舗は月に一度、土曜日の営業日があります。
※実店舗は土曜日営業をしていても、インターネットでのご注文の発送・お問い合わせ業務はお休みの場合があります。ご注意ください。

ページトップへ