過去の店長日記

2013作務衣川柳の応募作品一部紹介【第二弾】

タンポポさんタンポポさん / Ryosuke Yagi

こんにちは、和粋庵です。すっかり暖かくなって春らしくなってきましたが、同時に花粉で目と鼻が大変ですね。今年は桜の時期も花粉の時期も前倒しだそうで、桜は長く咲いていて欲しいものですが、花粉は早く終わって欲しいですね。

そろそろ花見の季節ではあります。お花見に作務衣でお出かけになるのも粋ではないでしょうか。ちょっとおしゃれな春らしい作務衣ストールも販売を始めました。おすすめです。

さて週の頭ということで、平日も週末もたくさんの作務衣川柳をお寄せいただいております。既に300句近くの応募をいただいております。ありがとうございます。選考と発表が楽しみですね。今年は応募作品をどんどん公開していこうと思いますので、ぜひすでに応募された作品からインスピレーションをもらってオリジナルを作ってみてください。では一部ご紹介です!

◆作務衣着て 土をこねてる カッコ良さ

◆背筋伸び 作務衣が飾る 家主の座
◆我が父の 袈裟姿また 見てみたい
◆作務衣着て 下はふんどし 本格派
◆作務衣着て 男気スイッチ ONになる
◆新米を 作務衣が見せる ベテランに
◆職人が 作務衣を着れば 芸術家
◆鬱陶しい 夫も作務衣で 愛おしい
◆ビジネスの 鎧を脱いで 着る作務衣
◆羽織るだけ いつものパパが 粋になる
◆スマホ切り ネクタイはずし 作務衣の日
◆きっかけは 作務衣のキミに ひとめぼれ
◆それなりの 以下本文なし
◆作務衣着て 父はそれなり  男前
◆無精者 わびやセンスも 出る作務衣
◆家事ダンの 亭主和モダン いい男
◆イケメンの 彼は粋メン 作務衣好き
◆夏祭り 作務衣のお面は アンパンマン
◆形から 入ってまずは 服選び
◆早起きし 雑巾がけを ・・・うぅ、寒い(作務衣)
◆素敵です 桐生の作務衣 ステータス
◆作務纏い 心を洗う 心洗組
◆賓客を 作務衣で迎える 心意気
◆還暦を 赤い作務衣で 祝う時代(とき
◆知り合いが 急に増えたね 今日作務衣
◆作務衣着て 急に増えたよ 顔見知り
◆作務衣着た パパがちょっぴり イケメンに
◆嫁さんを 看取る男は 作務衣着て
◆和の心 作務衣で粋な 時を生き
◆勝負服 僕は作務衣と 決めている
◆復興図 作務衣の下で 育ててる
◆だんなさま 作務衣のあなた そう呼んだ
◆作務衣着て 粋な気持ちで 闊歩せり
◆参観日 作務衣を羽織る 粋なパパ
◆くつろぎと 日本の粋を 身にまとう
◆作務衣きて 腕組みすれば あら!匠
◆くつろぎと 日本の粋を 身にまとう
◆竹ぼうき 作務衣の父に 男見る
◆夢追わぬ 男は作務衣 似合わない
◆忘れてた 『男』を作務衣で 取り戻す
◆作務衣着て あっちもこっちも 芸術家
◆作務衣着た 夫に二度惚れ 春だなあ
◆すれ違う 誰も彼もが 挨拶し
◆作務衣着て 男をあげた お父さん

作務衣・甚平通販「和粋庵」

季節から作務衣を選ぶ

仕様から作務衣を選ぶ

素材から作務衣を選ぶ

価格から選ぶ

和粋庵SNS・情報

営業日カレンダー
  • 今日
  • 実店舗・発送共に休業日
  • 実店舗営業/発送休業日

【営業時間】
9:00から17:30

【定休日】
土日・祝日・夏季休業・年末年始休業あり

【和粋庵実店舗住所】
群馬県桐生市境野町6-429-1

※実店舗は月に一度、土曜日の営業日があります。
※実店舗は土曜日営業をしていても、インターネットでのご注文の発送・お問い合わせ業務はお休みの場合があります。ご注意ください。

ページトップへ