過去の店長日記

作務衣川柳 一次選考に残った川柳(第七弾)

PhoTones Works #1480PhoTones Works #1480 / PhoTones_TAKUMA

こんにちは、和粋庵です。

今日は温かい陽気ですね。作務衣も夏物が動き出しています。甚平も注文をいただくようになりました。

本日は、作務衣の袖の仕様についてお問い合わせがありました。そのお客さまは夏用の作務衣で袖がゴム仕様のものをお探しになられていたようです。当店で夏物(麻の入っているもの)の作務衣ですとゴム仕様のものがございません。袖がゴムの仕様だとやはり風通しがよくありませんので、涼しく過ごすだけであればやはり通常の筒袖をおすすめしております。

比較的、薄めの生地でゴム袖仕様なのが、ななこ織作務衣です。あとは筒袖の作務衣(およそ8分丈ほど)のものをゴム袖の仕様に変更するのでもよろしければ、525円(税込)の加工賃でやらせていただきます。もともと8分丈ほどのものなので、袖まで裄が長くなるわけではないのですが、それでも稀にゴム仕様に変更されることを所望されます。様々なお客様のお声に、当店でもできる限りの対応はしたいと思っております。何か困ったことがございましたらお気軽に0120-517-368までお問い合わせください。

それでは本日の優秀作務衣川柳10句のご紹介します。

作務衣着て 生地も心も 丈夫ですけいすけ様
ジージャンに 負けぬ作務衣の ワイルドささごじょう様
わびさびを 作務衣で示す 粋な彼すんまそん様
作務衣着て 子よりも目立つ 参観日銀次郎様
作務衣着る 日本に生まれて 良かったな蜜柑缶様
まとい着る作務衣に学ぶ和の心ヤマキョン様
「満月よ」妻からメールで作務衣着る加藤 基永様
作務衣きて 腕組みすれば ほら、匠名前なし
着心地で やっぱり作務衣に 辿り着きキング・コングゥ~様
くつろぎは 作務衣とビール 妻の留守銀次郎様

作務衣・甚平通販「和粋庵」

季節から作務衣を選ぶ

仕様から作務衣を選ぶ

素材から作務衣を選ぶ

価格から選ぶ

和粋庵SNS・情報

営業日カレンダー
  • 今日
  • 実店舗・発送共に休業日
  • 実店舗営業/発送休業日

【営業時間】
9:00から17:30

【定休日】
土日・祝日・夏季休業・年末年始休業あり

【和粋庵実店舗住所】
群馬県桐生市境野町6-429-1

※実店舗は月に一度、土曜日の営業日があります。
※実店舗は土曜日営業をしていても、インターネットでのご注文の発送・お問い合わせ業務はお休みの場合があります。ご注意ください。

ページトップへ