コンテンツ

作務衣・甚平ギフトメッセージ大賞 2017【作務衣 通販和粋庵】

大募集!作務衣・甚平ギフトメッセージ大賞 2017

ギフトメッセージ大賞に
たくさんのご応募ありがとうございました。
受賞作品を発表致します。

大賞 <1名>

『初めての娘だ、よろしくね』
その言葉がとても嬉しかったです。
娘からの初めてのプレゼントです。
お義父さん、こちらこそよろしくお願いします。

お名前 : まあちゃ さん
誰宛か : 未来の義父 へ
補足説明
今年の末に結婚予定。息子しかいないお義父さんに初めて会った時に、言われた娘という言葉がすごく嬉しかったです。
父の日も何かを貰ったことはないと言っていたので、初めてのプレゼントが渡せればと思い、メッセージに記載しました。

 今回、ご応募いただいたギフトメッセージの総数は、1083通でした。
ひとつずつ丁寧に社員全員で読ませていただきました。受賞された方も、そうでない方にも、まずはご応募いただきましたこと、心から御礼申し上げます。

 見事、大賞になりましたメッセージは、結婚によって新しく「お義父さん」になる方へのプレゼント。初々しくも礼儀正しく、そして「家族のつながり」を感じさせる、大賞にふさわしいステキなメッセージだと思います。
 受賞された方へは、実際に印字したメッセージカードと共にラッピングした賞品を贈らせて頂きますので、ぜひそのままプレゼント等にお使いください。

 和粋庵では父の日を中心として、甚平や作務衣をギフトとして贈る方を応援しています。ギフトを通して、初めて甚平や作務衣に袖を通した方が、和の「くつろぎ」のある生活をされるきっかけになれば本望です。
 また、少しでも作務衣や甚平について考えていただける機会がこの企画ででき、和のライフシーン提案を啓蒙できているとすれば、作務衣・甚平メーカーとして嬉しい限りです。
. 来年以降も出来る限り継続した企画としていく所存ですので、日頃からまた和粋庵をよろしくお願いいたします。現在、お得な”父の日キャンペーン”中ですので、ぜひ、こちらもご覧になってください。

 ※受賞された方へは、5月1日から5月20日までに、当社からご連絡させていただき、折り返し配送先と商品のサイズをお教えいただけた方から順に、商品を発送させていたきます。フォームからの応募の方はメール、ツイッターからの応募の方は@ツイート又はDM、手紙から応募の方はお電話又は手紙にて、受賞の旨をお伝えいたします。
 5月20日を過ぎても連絡がない場合は、お手数ですが弊社までご連絡ください。頂いた連絡先に不備がある可能性があります。また、5月末までに折り返しの住所等の連絡をいただけない場合、賞品の受取をキャンセルしたものとして処理させていただきます。あらかじめご了承ください。


↓優秀賞5名、特別賞10名のメッセージもぜひご確認下さい↓

優秀賞 <5名>

長い間、お疲れ様でした
これからは家族と一緒に過ごすこと、自分の時間を大切にすることがあなたのお仕事です
制服支給しときますね
まずはこれをきて一緒に出張(家族旅行)にいきましょう

お名前 : もちあざらし さん
誰宛か : 定年退職した父へ へ
補足説明
実際に送ったメッセージです。
仕事人間の父は定年したらなんだか家にいずらそうだし、普段着も着慣れてない様子いつも作業着やスーツを着て会社にいっていましたし、ラフなカッコだけど貫禄がある服を送りたくて作務衣をえらびました。
作務衣を着て、オフ切り替えをしてゆっくりしてほしいなという思いをこめて。
今では「お父さん、永久就職しちゃった」というオチをつけて、自分で笑い話にしています

ステキなユニフォーム付きお仕事募集
勤務場所:リビング
勤務時間:いつでも
仕事内容:どんな内容でもいいのでテーマを決め、5分以上家族とディスカッションする事!!
報酬:くつろぎ

18歳で出会い、もう45年になりますね。月日が過ぎるのは、あっという間。可憐な乙女も立派なおばさん。でも、出会いの頃と同じ気持ちで愛しています。
・・貴方の作務衣姿、もっと好きになりそうで怖いな。

お名前 : ようちゃんの嫁 さん
誰宛か :  へ
補足説明
いつも外で戦っているお父さんだけど、家では無口。
どんな事でもいいので話がしたい嫁からのお願いを込めたプレゼントです。
お名前 : 梅ちゃん さん
誰宛か : 唯一無二の愛する貴方 へ
補足説明
18歳で出会い、24歳で結婚。共働きをしながら、二人の子供を育てましたが、いつも二人で助け合い生活してきました。
今は二人とも退職し、趣味のガーデニングや家庭菜園を楽しんでいます。毎日一緒ですが、全然飽きません。ずーっと相思相愛です(笑)

はじめてのデートで、あなたと行ったのは夏祭りでしたね。
見慣れた姿と違う後ろ姿に私は恋しました。
あなたとまた素敵な夏を過ごしたいのでぜひ、こちらを着て私と夏祭りへ行ってほしいなぁ。

天職だと誇っていた教員を早期退職して赤字の湯治宿を継ぐことにした貴方。
チョークを持つ手に雑巾を、スーツの代わりに作務衣をどうぞ。

お名前 : ひよこ さん
誰宛か : 後ろ姿が素敵な主人 へ
補足説明
高校生の時に初めて遊んだのが夏祭りでした。 いつもは、だぼだぼなジャージ姿で 見惚れるなんてことなかったのですが 夏祭りの日は、新品の甚平でうちわをあおぐ姿におもわず、ためいきがでてかっこいい!と感じました。それ以来ずっと一緒に夏祭りにいきますが恥ずかしがって甚平を着ないのでまた、かっこいい甚平姿が見たくお誘いの文章にしました!
お名前 : 後藤 貴子 さん
誰宛か :  へ
補足説明
観光旅館でも洒落たスーパー銭湯でもない、療養のための木賃宿の息子に生まれた夫。
わずかな常連客を想い、清貧暮らしを選んだ貴方に付いて行きます。

特別賞 <10名>

いつもお小遣いくれて、ありがとう。
学費の援助してくれて、ありがとう。
可愛がってくれて、ありがとう。
ごはん連れてってくれて、ありがとう。
今度は私がおじいちゃんを旅行に連れてくね。

お父さんへ
私が結婚して実家を離れてみて、本当に大切に育ててもらったと強く感じる毎日です。お父さんは長年勤めた職場をはなれ、畑仕事デビューするとききました。汗をかき、シャワーをあびて、この甚平を着て下さい。5月下旬、私のおなかの中の赤ちゃんが生まれたら会いに行きます。

お名前 : まさき さん
誰宛か : おじいちゃん へ
補足説明
私は2歳から母子家庭で育ち、ずっとおじいちゃんが働いてくれているから学校に通えました。この春、高校を卒業し大学生になります。アルバイトをしておじいちゃんと一緒に旅行に行くのが夢です。おじいちゃんは普段から甚平に草履で出かけています。なので喜んでくれると思います。
お名前 : 黒柳奈緒 さん
誰宛か :  へ
補足説明
いつも私の体調を気遣ってくれるやさしい父です。

私の名に”和”を贈ってくれたあなたへ今度は私から 日本の”和”を贈ります

和子

父さん、僕の「ありがとう」を着てください

お名前 : 土田和子 さん
誰宛か :  へ
補足説明
---
お名前 : 古川輝学 さん
誰宛か :  へ
補足説明
---

いつもやんちゃな
パパに似合いそなので
ええもんあげます
いつまでも元気でおれよなっ

親父。
兄貴を亡くして、ばぁちゃんも天国へ行ってしまったけれど俺たちはまだ生きているだろ。
あんたはあんたが死ぬまで俺の親父だからどんと腰をすえて構えていてくれ。
お疲れ様

お名前 : くるみとママ さん
誰宛か : やんちゃなパパ へ
補足説明
作務衣ってどんなやろ?かっこええでな・・・ええでな・・・と欲しそうだったので、いつまでも変わらず元気でおってほしいし
お名前 : 清阪佑 さん
誰宛か :  へ
補足説明
昨年、私は兄と祖母を亡くしました。
普段人前でなど泣かない父は、初めて私の前で弱音を吐きました。
ありがとうも言えない頑固な父、やはり息子なのでしょうね、男らしく構えていて欲しいのです、そして少し休んで欲しい、息子として心配ですから。

オレも作務衣とかが、ようやくしっくり来る年になったけど、親父にはかなわねぇや。

久しぶりに、ふたりで『ねぶた』最終日に見に行こう。私も浴衣着ていくから。15年ぶりに会うのは本当に緊張するけれど、ねぶた見て、花火見て、話しなくても一緒の時間過ごせたらきっと充分だよね?

お名前 : 布たたら さん
誰宛か :  へ
補足説明
和で生きている年月が和装との一体感につながる。
お名前 : うさこmom さん
誰宛か : お父さん へ
補足説明
15年前、父と母が離婚して、ずっと探していた連絡先を幼馴染のつてで探してもらい、二年前に連絡をとるようになりましたが、メールはよくするけど会うきっかけがなく。まだ顔を合わせていません。どうしても会いたいので、甚平と出身地の青森ねぶたで勇気を出して誘いたいと思っています。

お母さんは自分の服を買うくらいなら、私の服を買ってあげたいと言うね。だからお母さんは数着しか服を持っていないから、家では仕事と同じ服を着てるね。これから家でこれを着て疲れを癒してね。いつもありがとう。

おじいちゃん、いつも心配かけてごめん。今を生きることの大切さをいつも教えてくれた。作務衣をきてさとす姿はいつも頭に残ってる。新しいのをプレゼントするね。初めての給与です。

お名前 : ゆいちゃん さん
誰宛か : お母さん へ
補足説明
私は母子家庭なので、母が一生懸命朝から働いてくれています。私のために、色々な我慢をしてくれていることが分かります。母に家では安らいで欲しいです。すこしでも疲れを癒して欲しいです。ありがとうというメッセージを込めて、渡したいです。
お名前 : 久保田勇人 さん
誰宛か : 祖父 へ
補足説明
---
----------※以下はギフトメッセージ大賞の募集要項です。---------- 大募集!作務衣・甚平ギフトメッセージ大賞 2017

作務衣や甚平を贈るときに添える
「大切な人へのメッセージ」を大募集。


受賞者には実際に作務衣や甚平をプレゼント!

受賞メッセージもカードに印刷してラッピングしてお届けします。
メッセージを考えるだけで、高級作務衣・甚平を大切な人へ贈れるかも。

締切りは2017年4月16日(日)


キャンペーン概要

甚平や作務衣をプレゼントするのであれば、
どんなメッセージを添えますか?

募集するメッセージ
●父の日や母の日、クリスマスや誕生日。様々なシーンでギフトは贈られますが、甚平や作務衣という和のくつろぎ着をプレゼントするのであれば、どんなメッセージを添えるでしょうか。

実際に贈ったことや贈られたことがあれば、もちろんその際のメッセージをご応募頂いてOKです。また「自分だったらどう贈るか」・「どんな言葉だったら贈られて嬉しいか」とイメージを膨らませて創作してくださって結構ですので、ぜひ楽しみながらご応募ください。字数は最大100文字までですが、歯切れのいいメッセージをお待ちしています。

●誰への贈り物なのか(『義理のお父さん』『学生時代からの親友』『お付き合いしている男性』など)も記載下さい。

●必要であれば、その簡単な補足説明(状況や感想など)も教えてください。
審査
当社社員が「甚平や作務衣」を贈る際に添えるメッセージとして良いな、面白いな、新しいな、といった視点で審査致します。「甚平や作務衣」を贈られて喜ぶ方やその情景が想像できる、心温まるメッセージやユーモア溢れるメッセージをお待ちしております。
賞品について
大賞:近江ちぢみ本麻作務衣 <1名様>
優秀賞:綿しじら甚平 <5名様>
特別賞:シームレス足袋ソックス <10名様>
※ラッピングした上で、受賞したメッセージカードを付けてお送りします。



企画意図・経緯

経緯

ギフトメッセージ大賞は今回、初開催企画です!実はご存じの方もいるかもしれませんが例年はこの時期に「作務衣川柳」や「甚平川柳」の募集をさせていただいておりまして毎回大変好評でした。しかしながら5年も続けていますと、作務衣や甚平に対して詠う川柳はどうしても重複したシーンや似通った応募が多くなってきます。五・七・五で文字数限られているのである程度仕方ありませんね。例年、応募は多いのですが、応募いただいた川柳で「作務衣や甚平の新しい利用シーンを見つける」「少しでも作務衣や甚平を世に広める」という当初の企画の目的を達成するにはそろそろ別の切り口の企画を作るほうが良いのではないかと考え、今回のギフトメッセージ大賞を実施する運びとなりました。


想い

父の日や母の日、クリスマスや誕生日。様々なシーンでギフトは贈られます。当社の作務衣や甚平も父の日は大変たくさんの方がプレゼントとしてご購入してくださいます。最近では還暦、古希のお祝いや定年退職祝い、外国の方へのお土産としても人気があります。当社ではギフトラッピングをされる方には無料でオリジナルメッセージカードを作成し作務衣や甚平と一緒に贈ることができるサービスをしています。これまで沢山のオリジナルのメッセージカードを作ってきました。その中には、読むだけで感動して涙してしまうようなそんなメッセージカードもありました。 そのメッセージカードからは普段なかなか見ることのできない、お客様の作務衣や甚平の「利用シーン」や「期待」や「寄せる想い」などを感じることができます。
私達はメーカーですから、実際に作務衣や甚平を着用される方の利用シーンや期待や想いが次の商品開発やサービスの開発につながります。
私達にとってヒントの沢山つまったメッセージカード。
読むと嬉しくなるメッセージカード。
もし自分が贈るなら誰に何と書いて贈りますか?
もし自分が贈られるなら誰から何と書いてあったら嬉しいでしょうか?
当社は「作務衣・甚平のメーカー」として作務衣・甚平を贈るときに添えるメッセージを募集します。
この企画を通して、「より良い商品やサービスを考えたい」、「作務衣や甚平の新しい切り口を知りたい」、「ちょっとうれしくなるようなメッセージを読みたい」、「少しでも作務衣や甚平を広めたい」と思います。社員全員で応募いただいたメッセージを読み、選考し、すばらしいメッセージを贈ってくださった受賞者の方には実際に作務衣や甚平を大切な人に贈ることができるようラッピングをして、受賞メッセージを添えて、作務衣や甚平をプレゼント致します。
募集期間は2017年2月20日から4月16日までです。お一人で複数応募することができます。ぜひ奮ってご応募ください!もちろんご自身で使って頂いても良いですよ!お客様に楽しんでもらうことも企画の目的のひとつです!


参考情報

作務衣と甚平の違い

作務衣(さむえ)はもともとは禅宗の修行僧が、労働作業(作務)を行うときに着用していた服装でした。形は着物の上に着た上っ張りともんぺが原型で、作業着として広まりましたが、現在は僧侶固有のものではなく、和のライフスタイルに適した部屋着くつろぎ着として広く一般の方に愛用されております。
作務衣と甚平の決定的な違いは、ズボンです。作務衣のズボンは足首まである長ズボン、甚平はひざ下ぐらいまでのハーフパンツです。一番の違いはズボンにあるといっていいでしょう。
次に大きな違いは甚平の多くは、風通しをよくするために脇がタコ糸で編んであります(最近はタコ糸で編まずにレースをつけただけのものも多いです。)。 その他の違いについて詳しく知りたい方はこちらのページへどうぞ



「和粋庵」と「IKISUGATA」について

和粋庵(わすいあん)とIKISUGATA(いきすがた)は日本製作務衣・甚平メーカー「伊田繊維株式会社」の和装品ブランド(登録商標)です。どちらも日本製にこだわった作務衣が中心となる和装品のラインナップであり、和粋庵の商品は”東の織物の街”として名高い群馬県桐生市、IKISUGATAの商品は”綿織物の産地として歴史ある遠州地方で生産しております。厳しい品質基準のもと日本の職人が一枚一枚丁寧に作り上げた作務衣・甚平をご提供しています。


ご注文・お問合せ・相談窓口


電話番号(フリーダイヤル) <受付:平日9:00~17:30>

0120-517-368


メールアドレス <受付:24時間365日>

info@wasuian.com


FAX番号 <受付:24時間365日>

0277-44-9087



キャンペーン詳細

応募期間 2017年2月20日(月)~2017年4月16日(日) 23時59分
賞品内容

大賞:近江ちぢみ本麻作務衣 <1名様>
優秀賞:綿しじら甚平 <5名様>
特別賞:シームレス足袋ソックス <10名様>

応募条件

・フォーム、手紙、TwitterまたはFacebookで本キャンペーンにて作務衣・甚平を贈る際に添えるメッセージを投稿してくださった方
・日本国内にお住まいの方
・キャンペーンの注意事項にご同意いただける方

応募方法

■フォームで応募
1. メールアドレス、ペンネーム又は名前、誰宛のものなのか、メッセージ内容をフォームに入力する
2. 「送信する」ボタンを押す

■ハガキで応募
1. ハガキにペンネーム又は名前、誰あてのものなのか、メッセージ内容、さらに連絡用にお名前、ご住所、お電話番号を記載する
2. 切手(応募者負担)を貼ってポストに投函する。(締切当日消印有効)

■Twitterで応募
1. 和粋庵の公式アカウント@wasuianをフォロー
2. ハッシュタグ「#作務衣・甚平ギフトメッセージ大賞」を付けて「@wasuian」宛にオリジナルのメッセージと誰あてかをツイート

発表日 2017年5月1日(月)を予定
発表方法
当ページにて入賞作品を発表

※入賞された方には、フォームの場合はメールアドレス、お手紙の場合はお電話番号、Twitterの場合は「ダイレクトメッセージ」から個別にご連絡します。

注意事項

※キャンペーン期間中に@wasuianのフォロー解除を取り消された場合は選考から漏れることになりますのでご注意ください。

※Twitterのアカウント作成方法や利用方法については各サービスサイトをご確認ください。

※当選発表後は2週間以内にこちらからご連絡させていただきますが、メールアドレスの間違いやサービスの利用制限をされている方は連絡がつかない場合があります。その場合は発表後1か月以内にご連絡ください。ご連絡がない場合は賞品受取を辞退したとみなされます。

※賞品の色は在庫状況によりお選びいただけない場合がございます。

※本キャンペーンはTwitterおよびTwitter社とは関係ありません。

※◇著作権について◇ ご投稿いただいたメッセージ等の著作権は和粋庵に帰属します。ただし、投稿者本人の利用は妨げません。

※各方法から応募いただいたメッセージ等はTwitterやFacebookにて転載させていただく場合があります。予めご了承ください。

プレスリリース 【作務衣・甚平ギフトメッセージ大賞応募開始】伊田繊維株式会社.pdf

保有ポイント:__MEMBER_HOLDINGPOINT__ポイント
会員ランク:__MEMBER_RANK_NAME__
今回__MEMBER_RANK_NPRC__以上の
お買い物でランクアップ!

季節から作務衣を選ぶ

仕様から作務衣を選ぶ

素材から作務衣を選ぶ

価格から選ぶ

和粋庵SNS・情報

作務衣サイズの選び方

作務衣のサイズ選び

サイズの選び方について詳しくご説明します

作務衣カタログ申し込み

作務衣カタログ・生地見本

オリジナルカタログやご希望の生地見本を無料でお送りします

作務衣・甚平の衣装協力・衣装提供

メディア掲載実績

映画・ドラマへの衣装協力やTV・雑誌・新聞記事への掲載情報です

作務衣・甚平の着用写真募集中

お客様着用写真募集

あなたの作務衣・甚平の着用写真をぜひご応募ください

作務衣レビューを書いて

レビュー記入で御礼品あり

ご購入後にはお客様のお声の投稿にご協力お願い致します

Wasuian For Business法人向けサイト

法人様へご提案

旅館・ホテル・飲食店様を始め、法人としてお取引ご希望の方はこちら

和粋庵コンテンツ

和粋庵について

会員番付制度

返品交換無料サービス

お買い物ガイド

作務衣の種類の選び方

刺繍・加工・お直し

メルマガ登録

よみもの

カタログギフト作成

質問箱

和粋庵 店舗情報

和粋庵作務衣

【営業時間】
9:00から17:30

【定休日】
土日・祝日・夏季休業・年末年始休業あり

【和粋庵実店舗住所】
群馬県桐生市境野町6-429-1

※実店舗は月に一度、土曜日の営業日があります。
※実店舗は土曜日営業をしていても、インターネットでのご注文の発送・お問い合わせ業務はお休みの場合があります。ご注意ください。

営業日カレンダー
  • 今日
  • 実店舗・発送共に休業
  • 実店舗営業/発送休業

ページトップへ