たてスラブ羽織 No.4 ネズ 


定番の人気作務衣・たてスラブ作務衣羽織

素朴な風合いの人気作務衣「たてスラブ」作務衣用の羽織です。薄手の綿素材で、素朴な風合いが特徴なたてスラブ作務衣の羽織が登場です。太さの違う糸を敢えて紡績することで、スラブと呼ばれる凹凸ができます。
たてスラブ作務衣は着用シーズンが長いため、一年を通して御注文が絶えない和粋庵の定番商品ですが、あわせの羽織をご期待にお応えする形で商品ラインナップに加えることとなりました。作務衣での外出時や急な来客の際も、さっと羽織るだけで対応できる便利な一着です。着姿が凛々しくなり、礼を逸しない着姿になりますので、春秋のお出かけにおすすめです。

たてスラブ羽織 No.4 ネズ

価格: ¥11,000 (税込)
[ポイント還元 110ポイント~]
数量:
サイズ在庫購入
M○ 在庫あり
L○ 在庫あり
LL○ 在庫あり

お気に入り作務衣

返品・交換について

星1つ 星1つ 星1つ 星1つ 星1つ 5.0 (2件)

twitter

お客様の声

御厨様 投稿日:2018年11月01日
おすすめ度:
秋から冬、冬から春への季節の変わり目に着るために購入。すでに黒色の同等羽織を持っており、今回はダーク系の作務衣と合わせるためにグレーを選択しました。
コートを羽織るほどでもないが、夜間には肌寒く感じるときに、特に重宝しています。薄手ですが、十分に温かさを確保でき、さらにコートを着ても着ぶくれにならないので、真冬に出かけるときの必需品として活用できると思っています。

お店からのコメント

コメントありがとうございます。

商品ご満足いただき何よりでございます。
既に黒色の羽織をお持ちとのことで、色違いで醸し出される雰囲気をお楽しみいただいているのですね。おっしゃる通り、見た目だけでなく、機能性も備えたこちらの羽織は、幅広いシーズンでご活用いただけると思います。
沢山の機会に袖を通していただけたら幸いです。

今後とも、和粋庵をよろしくお願いいたします。

豊後人様 投稿日:2015年10月01日
おすすめ度:
軽くて大変なじみやすい着心地です。
これからの季節、重宝思想で安心しました。
私のような和風好みの初心者が羽織るには最適だと思います。

お店からのコメント

この度は、当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
和粋庵です。

商品に関してご満足して頂けましたこと、大変うれしく思います。
おっしゃる通り、たてスラブ作務衣は年間を通してお召し頂ける商品となっておりますので、おでかけの際や来客のあるとき、少し肌寒いときなどさらりと羽織って頂けるととても重宝しますね。同じ作務衣だけではなく、違う種類の作務衣やお色違い作務衣に合わせて頂くなど、よ...>>続きをみるり一層お洒落の幅は広がると思います。

今後共、和粋庵を宜しくお願い致します。
>>閉じる

(cm)
サイズ身丈
M78
L83
LL87
仕様は以下の通りです。
仕様左右ポケット各1個
素材表: 綿 100% 裏: ポリエステル100%
製造日本

COLOR VARIATIONS |カラー展開
※クリックするとその色の商品購入ページに移動します。
日本製たてスラブ作務衣羽織 濃紺
【濃紺】
日本製たてスラブ作務衣羽織 ネズ
【ネズ】
日本製たてスラブ作務衣羽織 茶
【茶】
日本製たてスラブ作務衣羽織 グリーン
【グリーン】
日本製たてスラブ作務衣羽織 黒
【黒】
RELATED |関連商品 : たてスラブ作務衣
※クリックするとその色の商品購入ページに移動します。
日本製たてスラブ作務衣 濃紺
【濃紺】
日本製たてスラブ作務衣 鉄紺
【鉄紺】
日本製たてスラブ作務衣 グレー
【グレー】
日本製たてスラブ作務衣 茶
【茶】
日本製たてスラブ作務衣 グリーン
【グリーン】
日本製たてスラブ作務衣 黒
【黒】

ラッピング

ラッピングの仕方1

甚平、作務衣がぴったり入る、和粋庵特製のしっかりとした箱にお入れします。

ラッピングの仕方2

甚平・作務衣は、箱の内側で高級和紙で丁寧に包み込みます。

ラッピングの仕方3

紺地の蓋に和紙を巻き付け、紐をつけてラッピング完成です。

作務衣の通販 和粋庵 トップへ


















サイズ選びについて詳しく



たてスラブ羽織 No.4 ネズ

価格: ¥11,000 (税込)
[ポイント還元 110ポイント~]
数量:
サイズ在庫購入
M○ 在庫あり
L○ 在庫あり
LL○ 在庫あり

お気に入り作務衣

返品・交換について

星1つ 星1つ 星1つ 星1つ 星1つ 5.0 (2件)

twitter

お客様の声

御厨様 投稿日:2018年11月01日
おすすめ度:
秋から冬、冬から春への季節の変わり目に着るために購入。すでに黒色の同等羽織を持っており、今回はダーク系の作務衣と合わせるためにグレーを選択しました。
コートを羽織るほどでもないが、夜間には肌寒く感じるときに、特に重宝しています。薄手ですが、十分に温かさを確保でき、さらにコートを着ても着ぶくれにならないので、真冬に出かけるときの必需品として活用できると思っています。

お店からのコメント

コメントありがとうございます。

商品ご満足いただき何よりでございます。
既に黒色の羽織をお持ちとのことで、色違いで醸し出される雰囲気をお楽しみいただいているのですね。おっしゃる通り、見た目だけでなく、機能性も備えたこちらの羽織は、幅広いシーズンでご活用いただけると思います。
沢山の機会に袖を通していただけたら幸いです。

今後とも、和粋庵をよろしくお願いいたします。

豊後人様 投稿日:2015年10月01日
おすすめ度:
軽くて大変なじみやすい着心地です。
これからの季節、重宝思想で安心しました。
私のような和風好みの初心者が羽織るには最適だと思います。

お店からのコメント

この度は、当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
和粋庵です。

商品に関してご満足して頂けましたこと、大変うれしく思います。
おっしゃる通り、たてスラブ作務衣は年間を通してお召し頂ける商品となっておりますので、おでかけの際や来客のあるとき、少し肌寒いときなどさらりと羽織って頂けるととても重宝しますね。同じ作務衣だけではなく、違う種類の作務衣やお色違い作務衣に合わせて頂くなど、よ...>>続きをみるり一層お洒落の幅は広がると思います。

今後共、和粋庵を宜しくお願い致します。
>>閉じる

COLOR VARIATIONS |カラー展開
※クリックするとその色の商品購入ページに移動します。
日本製たてスラブ作務衣羽織 濃紺
【濃紺】
日本製たてスラブ作務衣羽織 ネズ
【ネズ】
日本製たてスラブ作務衣羽織 茶
【茶】
日本製たてスラブ作務衣羽織 グリーン
【グリーン】
日本製たてスラブ作務衣羽織 黒
【黒】
RELATED |関連商品 : たてスラブ作務衣
※クリックするとその色の商品購入ページに移動します。
日本製たてスラブ作務衣 濃紺
【濃紺】
日本製たてスラブ作務衣 鉄紺
【鉄紺】
日本製たてスラブ作務衣 グレー
【グレー】
日本製たてスラブ作務衣 茶
【茶】
日本製たてスラブ作務衣 グリーン
【グリーン】
日本製たてスラブ作務衣 黒
【黒】

ラッピング

ラッピングの仕方1

甚平、作務衣がぴったり入る、和粋庵特製のしっかりとした箱にお入れします。

ラッピングの仕方2

甚平・作務衣は、箱の内側で高級和紙で丁寧に包み込みます。

ラッピングの仕方3

紺地の蓋に和紙を巻き付け、紐をつけてラッピング完成です。

作務衣の通販 和粋庵 トップへ

以下の商品もおすすめ

保有ポイント:__MEMBER_HOLDINGPOINT__ポイント
会員ランク:__MEMBER_RANK_NAME__
今回__MEMBER_RANK_NPRC__以上の
お買い物でランクアップ!

季節から作務衣を選ぶ

仕様から作務衣を選ぶ

素材から作務衣を選ぶ

価格から選ぶ

和粋庵SNS・情報

作務衣サイズの選び方

作務衣のサイズ選び

サイズの選び方について詳しくご説明します

作務衣カタログ申し込み

作務衣カタログ・生地見本

オリジナルカタログやご希望の生地見本を無料でお送りします

作務衣・甚平の衣装協力・衣装提供

メディア掲載実績

映画・ドラマへの衣装協力やTV・雑誌・新聞記事への掲載情報です

作務衣・甚平の着用写真募集中

お客様着用写真募集

あなたの作務衣・甚平の着用写真をぜひご応募ください

作務衣レビューを書いて

レビュー記入で御礼品あり

ご購入後にはお客様のお声の投稿にご協力お願い致します

Wasuian For Business法人向けサイト

法人様へご提案

旅館・ホテル・飲食店様を始め、法人としてお取引ご希望の方はこちら

和粋庵コンテンツ

和粋庵について

会員番付制度

返品交換無料サービス

お買い物ガイド

作務衣の種類の選び方

刺繍・加工・お直し

メルマガ登録

よみもの

カタログギフト作成

質問箱

和粋庵 店舗情報

和粋庵作務衣

【営業時間】
9:00から17:30

【定休日】
土日・祝日・夏季休業・年末年始休業あり

【和粋庵実店舗住所】
群馬県桐生市境野町6-429-1

※実店舗は月に一度、土曜日の営業日があります。
※実店舗は土曜日営業をしていても、インターネットでのご注文の発送・お問い合わせ業務はお休みの場合があります。ご注意ください。

営業日カレンダー
  • 今日
  • 実店舗・発送共に休業
  • 発送休み/実店舗のみ営業

ページトップへ